<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■何から書けばいいのかな…


4月の終わりに母の病気についてのBlogを書いてからもう7ヶ月近くが経ってしまいました。そして今、母はもうこの世にはいません。病名が判明してから1年も経たない10月3日の7時7分、私の大好きな東京ヤクルトスワローズが優勝を決めた翌朝、母は空へと旅立ちました。ここ約1年の間に起こったことを整理しながら向き合ってしっかり文章にしておきたいのですが、もうここまで書いただけで涙が止まらなくなってしまいます。母が亡くなってからすぐに連絡するべき人に連絡をし火葬を内々で済ませ、お線香を上げに行きたいと言って来てくれた方の対応、遺品整理をして部屋を引き払い、諸々の解約手続きなど。11月からは9月からずっと休んでいた仕事も復帰しましてバタバタと毎日が過ぎて行きます。今は仕事の繁忙期も過ぎて落ち着いたのでまだ手付けずになっている手続きを進めなくてはいけません。

自己満足以外の何者でもないこのBlogですが、自分の記録としてしっかり文章にして残しておきたい。かなりしんどい作業になると思うので時間は掛かると思いますが、ちょっとずつ書きためて徐々にアップしていけたらと思います。

2月に母が入院してから7月に一度退院して、1ヶ月足らずで8月に再入院。それからがかなり精神的に厳しくて。そんな中、ヤクルトの活躍が心のよりどころでした。今年は例年に比べて野球を見に行くことが出来なかったけれど、我らが東京ヤクルトスワローズ!14年振りのリーグ優勝を果たしました!9連敗したときにはどうなることか…と思ったけど、後半のヤクルト強かった。日に日に状態がちょっとずつ悪くなっていく母を看ながらヤクルトの活躍が私を励ましてくれました。本当は優勝を決める日にも球場にいました。関本に同点タイムリーを打たれて、なんだよー!ってなって喫煙所に行ったとき、病院から電話が鳴りました。球場を後にして急いで病院に向かいました。まだそんな予兆みたいなものはなかったのに突然のことでした。

11月23日のファン感謝デーも行ってきました。観覧イベントでの優勝までの軌跡みたいなコーナーでは映像と共に今シーズンを振り返りましたが、このとき母はこんな感じだったな…とか、野球を心のよりどころとしていた私としては全てが母と結びついてしまって感傷的になってしまいまして。母が亡くなったのも7時7分で真中監督の背番号の時間だし。今年は野球と母が全て。忘れられない年になりました。

たくさんの人の優しさと思いやりにふれて、母にしっかり寄り添うことが出来たと思っています。後悔もしていません。自分にとって大きすぎる母の存在。いろんなことを考え、自分を見つめ直す機会になりました。親友のようになんでも相談していたし隠し事もなかったのでこの先悩んだり困ったときにはどうしたらいいのか…不安はあるけど、母の分までしっかり強く生きていかなければね。本当はまだ心はふわふわしたまま。まだまだ時間が必要です。そりゃそうだよね。ぼちぼちやっていこうと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL

トラックバック

● Twitter ●

気軽にFollow Me! m9(^Д^)
Twilog
つぶやき倉庫

● About Me ●

■ユカコフ。/♀
のんびりマイペースにやってます。
詳しくはこちら。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
■メールフォーム
気軽にメッセージ下さいませ〜。

● New! ●

● Comment ●

● Category ●

● Archives ●

● Search in a blog ●

● Recommend ●

18(初回限定盤)(DVD付)
18(初回限定盤)(DVD付)/吉井和哉

吉井さんのBESTです。おすすめ。

● Recommend ●

● Links ●

● Trackback ●

● Others ●

● Mobile ●

qrcode

▲このページの先頭へ